日本郵趣協会
鹿 児 島 支 部

(公式Webサイト)

sakura.gif

2018.10.29更新

このWebサイトでは、地元鹿児島の話題を中心に、すべての切手愛好家が楽しめる郵趣情報をお届けします。どうぞよろしく。

管理人多忙のため更新が滞りがちですが、どうぞご勘弁を。


スタンプショウかごしま2018

2018.10.29

毎年秋に開催している切手の文化祭「スタンプショウかごしま」は、今回で21回目となりましたが、今年は2日目に大型台風の直撃を受けてしまいました。コレクション展示と郵便局の臨時出張所の開設を初日のみとするなど、開催内容の大幅な縮小を余儀なくされ、実質1日だけの開催となってしまったのは残念なことでした。来場者数も、例年の半分程度の114名にとどまりました。 会場でのスナップ写真などを含めて、ここに記録として残しておくことにします。

公式ポスター


作品目録.pdf
来場者に配布した目録です。上をクリックすると、内容が別窓で開きます

  

 作品展示  

  
 恒例の紙つき使用済切手つかみ取り
 
   
 切手商の販売ブースでのお探し

 

スタンプショウかごしま2018  開催記録 

日時

2018年9月29日(土) 10:30〜17:00
      9月30日(日)   9:00〜15:30

会場

サンプラザ天文館3階会議室C-2、C-3(NCサンプラザビル...天文館電停より徒歩3分)

主催

公益財団法人日本郵趣協会九州・沖縄地方本部
日本郵趣協会鹿児島支部

後援

日本郵便九州支社、南日本新聞社、NHK鹿児島放送局、MBC、KTS、KKB、KYT、エフエム鹿児島、鹿児島シティエフエム

入場料

無料

展示作品

 招待展示

切手コレクションの作り方は自由ですが、公の場で他人に見てもらうためには、一定の作法というものがあります。収集した切手類をA4サイズ程度の台紙に貼りつけ、それを16枚集めて展示フレームに納めるのが、標準的な形式です。

 

全国規模の「競争切手展」では、ひとつひとつのストーリーに沿って集められた切手類が、1〜数フレーム構成の「作品」として展示され、あらかじめ定められた審査基準に則って採点されます。作者の立てたストーリーに沿って、その展開にふさわしい多様な切手類がわかりやすく貼られている作品が、高く評価されます。

 

今回の招待展示作品3点は、いずれも今年4月に東京で開催された「スタンプショウ2018」付属の「トピカル切手展・ワンフレームクラス」において展示され、高い評価を受けた作品です。これらの作品を、作者のご厚意で、鹿児島の方々にも楽しんでいただきました。

 

働く犬
大沢知子さん(茨城)

優れた嗅覚・聴覚などを活用し、人間のために利用される犬たちがいます。これらの犬を描いた切手を、さまざまな働き方に分類して整理した作品です。

オシドリ
柴田公子さん(栃木)

日本で最も美しい鴨であるオシドリは、切手の世界にもしばしば登場します。これらのオシドリを、海外のオシドリとともに整理した作品です。

愛すべき小動物・ネズミ 
加賀谷長之さん(秋田)

ネズミは害獣のイメージがありますが、十二支の先頭に位置づけられるなど、古くから親しまれた動物でもあります。切手上にも、その愛すべき姿が見られます。

その他の作品(支部会員制作) 

 最近の日本切手を楽しもう

大量に発行される新切手に嫌気の差している方もいるようですが、その中には最新テクノロジーにもとづく要素など、昔の切手にはなかった楽しみ方があります。

 平成の年賀切手

くじつき切手が登場した平成2年以降、平成14年までの平成年代前半の年賀切手を、年代順に、オーソドックスな手法で整理した作品です。

鳥物語

鳥図案の切手、鳥にちなんだ消印、それらを貼った郵便物などを使って、鳥類の人間社会に及ぼした影響を多方面から観察してみた作品です。古い貴重な切手もいろいろ含まれています。

 

ふるさと切手に見る北海道の花

ふるさと切手は、平成年代に地方主導で発行された切手です。自然に恵まれた北海道では、特に多くのふるさと切手が発行されました。その中から花の図案の切手をご覧に入れました。

上で紹介した招待作品・会員制作作品を含めて計9点の作品を、10フレーム(台紙16枚×10=160枚分)を使って展示しました。

記念カード

 

記念カードとフレーム切手の絵は、例年どおり地元画家の作品です。  

左の写真の記念カードは葉書サイズです。裏面に宛名を書いて、郵送できるようになっています。来場者にはおひとり1枚ずつ無料配布したほか、それ以上に欲しい方には、1枚20円で頒布しました。

フレーム切手とは、好きな絵柄を組み込んで特別に作成してもらった切手のことです。切手としての有効なのは枠の部分だけで、規則上は、絵の部分は耳紙と同じ扱いになります。
今年も例年どおり、オリジナルデザインの「フレーム切手」(額面62円)を制作し、希望者に1枚あたり100円でお分けしました。

 

小型印とは、地方規模のイベントに際して使用される特別デザインの消印です。記念切手の発行時に全国的に使われる「特印」より小型なので、このように呼ばれます。
葉書や、62円以上の切手を貼りつけた台紙に押してもらえます。知人あてに差し出す葉書や手紙に、この消印を押してもらうこともできます。
今年は招待作品の動物切手コレクションに合わせて、鹿児島の動物「コアラ」をデザインしました。例年どおり、前夷真由美さんのデザインです。

  

以上の品を組み合わせて、下の写真のような記念品を作成することができました。

 

フレーム切手

 

郵便局

例年どおり鹿児島東郵便局が臨時出張所を開設し、最近の記念切手等を多数販売したほか、特別デザインの小型印(下図)を使用しました。

小型印申請図.jpg

無料配布品

上の記念カードのほか、種々の品を無料配布しました。下記のほかにも、日本郵趣出版の情報誌「スタンプマガジン」や古い日本切手使用済セットなどを配布しました。  

無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社発行のジュニア向け情報誌です。ジュニア向けですが内容はどなたにも役立つでしょう。

 

日本切手のすべてが載っている切手カタログで、配布したのは旧年版(2017年版)です。

つかみどり

例年同様に、記念切手主体の最近の日本切手の紙つき使用済を、無料で好きなだけつかみ取っていただきました。

切手鑑定会

9月30日(日)10時〜11時
(公財)日本郵趣協会九州沖縄地方本部長「伊藤純英氏」による鑑定会。他の時間帯でも、鑑定の難しくない切手については、支部会員が可能な限り対応。

切手収集相談

開催時間中逐次(受付にて)

出店

アオヤマスタンプさん(広島)、松本敏明さん(大分)、ブライアン・ドーティさん(鹿児島)

 


このHPは支部長の永吉が管理しています
メールいただく場合は、上記をクリックして開く入力画面で、アドレス先頭の1文字を削除してから送信してください。迷惑メール対策です

このページは完全リンクフリーです。また本ページに掲載されている文章・画像も、特に断りのあるものを除き、自由に利用・転載していただいてかまいません。