日本郵趣協会
鹿 児 島 支 部

(公式Webサイト)

sakura.gif

2021.09.10更新

このWebサイトでは、地元鹿児島の話題を中心に、すべての切手愛好家が楽しめる郵趣情報をお届けします。どうぞよろしく。

管理人多忙のため更新が滞りがちですが、どうぞご勘弁を。



スタンプショウかごしま

2021.09.10

毎年秋に開催している切手の文化祭「スタンプショウかごしま」は、今回で23回目となります。昨年は新型コロナウィルス感染拡大を受けて中止となりましたが、本年の「スタンプショウかごしま2021」は、充分な感染防止対策をとって開催する予定です。

 このところ鹿児島県内においても、感染が急速に拡大しています。昨年に続いて本年も開催中止とする可能性もあります。詳しい開催情報は、今後この場で逐次発表していきます。

鹿児島県緊急事態宣言が9月末まで延長されたことを受け、残念ながら本年も開催中止とすることになりました。2年ぶりの開催を楽しみにしてきた皆さまに、お詫び申し上げます。

 前回(2019年)の開催記録はこちら

スタンプショウかごしま2021  開催要領

日時

2021年10月2日(土) 10:30〜17:00
      10月3日(日)   9:00〜15:30

会場

サンプラザ天文館3階会議室C-2、C-3(NCサンプラザビル...天文館電停より徒歩3分)

主催

日本郵趣協会鹿児島支部
公益財団法人日本郵趣協会九州・沖縄地方本部

入場料

無料

展示作品

切手コレクションの作り方は自由ですが、公の場で他人に見てもらうためには、一定の作法というものがあります。収集した切手類をA4サイズ程度の台紙に貼りつけ、それを16枚集めて展示フレームに納めるのが、標準的な形式です。今回のイベントでは、台紙12枚で構成した簡易型作品を含めて展示しました。

全国規模の「競争切手展」では、ひとつひとつのストーリーに沿って集められた切手類が、1〜数フレーム構成の「作品」として展示され、あらかじめ定められた審査基準に則って採点されます。作者の立てたストーリーに沿って、その展開にふさわしい多様な切手類がわかりやすく貼られている作品が、高く評価されます。 

 招待展示

今回の招待展示作品は、2019〜20年に東京で開催された全国規模の切手展に出展されて高い評価を受けた2作品です。作者(同一作者)のご厚意で、鹿児島の方々にも楽しんでいただくことになりました。それぞれの作品から1ページずつ、下に紹介しておきましょう。 

服装の歴史と髪飾り
今井節子さん(神奈川在住)

2019年11月開催の全国切手展(JAPEX2019)のオープンクラスにて銀賞を受賞した作品です。

歌舞伎と切手
今井節子さん(神奈川在住)

2020年7月開催のスタンプショウ2020併設「フリースタイル切手展2020」にて、特別賞を受賞した作品です。

その他の作品(支部会員制作) 

(準備中) (準備中)
(準備中) (準備中)
上で紹介した招待作品・会員制作作品を含めて、約8点の作品を、10〜12フレームの展示パネル(1フレーム=台紙12枚または16枚)を使って展示する予定です。

記念カード


(予定)

例年どおり地元芸術家の作品を原画とした記念カードとフレーム切手を制作する予定です。  

左の写真の記念カード(準備中)は葉書サイズです。裏面に宛名を書いて、郵送できるようになっています。来場者におひとり1枚ずつ無料配布するほか、それ以上に欲しい方には1枚20円で頒布いたします。

フレーム切手とは、好きな絵柄を組み込んで特別に作成してもらった切手のことです。切手としての有効なのは枠の部分だけで、規則上は、絵の部分は耳紙と同じ扱いになります。
今年も例年どおり、オリジナルデザインの「フレーム切手」(額面63円)を制作し、希望者に1枚あたり100円でお分けする予定です。

小型印とは、地方規模のイベントに際して使用される特別デザインの消印です。記念切手の発行時に全国的に使われる「特印」より小型なので、このように呼ばれます。
葉書や、63円以上の切手を貼りつけた台紙に押してもらえます。知人あてに差し出す葉書や手紙に、この消印を押してもらうこともできます。
今年は左の写真のようなものとなる予定です。例年どおり、前夷真由美さんのデザインです。

  

以上の品を組み合わせて、下の写真のような記念品を作成することができます

 
(2019年のスタンプショウかごしま2019で制作した記念品)

フレーム切手


 (予定)

郵便局

初日のみ開設

例年どおり鹿児島東郵便局が臨時出張所を開設し、最近の記念切手等を多数販売するほか、特別デザインの小型印(下図)を使用する予定です。ただし初日のみの開設となるのでご注意下さい。

小型印申請図.jpg
(申請予定図)

無料配布品

上の記念カードのほか、種々の品を無料配布する予定です。

(準備中)

(準備中) 

つかみどり

例年は記念切手主体の「日本切手紙つき使用済」を、無料で好きなだけつかみ取ってお持ち帰りいただいていますが、本年は新型コロナウィルス感染拡大の恐れがあるので、実施の可否を検討中です。

→本年は感染状況によらず、前もって袋詰めした切手を1袋ずつ選んでいただくという形で実施することになりました。

切手鑑定会   10月3日(日)11時〜12時
(公財)日本郵趣協会九州沖縄地方本部、前本部長「伊藤純英氏」による鑑定会。他の時間帯でも、鑑定の難しくない切手については、支部会員が可能な限り対応。

切手収集相談

開催時間中逐次(受付にて)

出店

アオヤマスタンプさん(広島)、松本敏明さん(大分)の2店

 



このHPは支部長の永吉が管理しています
メールいただく場合は、上記をクリックして開く入力画面で、アドレス先頭の1文字を削除してから送信してください。迷惑メール対策です

このページは完全リンクフリーです。また本ページに掲載されている文章・画像も、特に断りのあるものを除き、自由に利用・転載していただいてかまいません。