日本郵趣協会
鹿 児 島 支 部

(公式Webサイト)

sakura.gif

2017.12.25更新

このWebサイトでは、地元鹿児島の話題を中心に、すべての切手愛好家が楽しめる郵趣情報をお届けします。どうぞよろしく。

管理人多忙のため更新が滞りがちですが、どうぞご勘弁を。

鹿児島支部ではブログも設置しています。こちらへもどうぞ。


スタンプショウかごしま2017

2017.12.25

今年は2日間とも好天に恵まれ、231名の方々に来場していただきました。例年どおり、後日この場に会場のスナップ写真などを載せ、開催記録として残す予定です。なお来年のスタンプショウかごしま2018も、同じ会場で9月29〜30日に開催することが決まっています。来年もどうぞよろしく。

公式ポスター


作品目録.pdf
来場者に配布した目録です。上をクリックすると、内容が別窓で開きます
   

 作品展示

本イベントの柱は、このような切手コレクションの展示です。個々の「作品」は、それぞれのストーリーに従って台紙に貼りつけて説明をつけた、切手や関連郵趣品(郵便に使われた封筒、記念消印など)で構成されています。
原則として1つの作品は1〜2フレーム、各フレームは16枚の台紙で構成され、フレーム左上から右下に至る順序でストーリーが展開されています。

 

  
 恒例の紙つき使用済切手つかみ取り
 
   
 切手商の販売ブースでのお探し

 

スタンプショウかごしま2017 開催記録

日時

2017年9月30日(土) 10:30〜17:00
     10月1日(日)    9:00〜15:30

会場

サンプラザ天文館3階会議室C-2、C-3(NCサンプラザビル...天文館電停より徒歩3分)

主催

公益財団法人日本郵趣協会九州・沖縄地方本部
日本郵趣協会鹿児島支部

後援

日本郵便九州支社、南日本新聞社、NHK鹿児島放送局、MBC、KTS、KKB、KYT、エフエム鹿児島、鹿児島シティエフエム

入場料

無料

展示作品

 招待展示

今年4月に東京で開催された「スタンプショウ2017」で展示された2つの作品を、作者のご厚意で、鹿児島の方々にも楽しんでいただくことになりました。

ベルサイユのばらを楽しむ

企画展示として展示された内田雄二さん(神奈川)の作品を、3フレーム作品として再構築していただきました。

野菜とくだもの 

「フリースタイル日本切手コンテスト」に出品された柴田公子さん(栃木)の作品です。

その他の作品(支部会員制作) 

 フランスの美術切手

 かごしまの切手

 ここはどこ?

平成の趣味週間切


招待作品・会員制作作品、合わせて8点の作品を、10フレーム(台紙16×10=160枚分)の規模で展示しました。詳しくはこちらの作品目録(当日会場で配布した目録)をご覧下さい。

記念カード

写真のカードを、入場者に1枚ずつ無料配布しました

 

カードの絵は、地元の画家、坂井貞夫氏の作品です。入場者にはおひとり1枚ずつ無料配布しました(それ以上に欲しい方には、1枚20円で頒布)。

 

フレーム切手とは、好きな絵柄を組み込んで特別に作成してもらった切手のことです。切手としての有効なのは枠の部分だけで、規則上は、絵の部分は耳紙と同じ扱いになります。

 このフレーム切手の原画も、坂井貞夫氏の作品です。希望者には1枚あたり100円でお分けしましました。

 

小型印とは、地方規模のイベントに際して使用される特別デザインの消印です。記念切手の発行時に全国的に使われる「特印」より小型なので、このように呼ばれます。

葉書や、62円以上の切手を貼りつけた台紙に押してもらえます。知人あてに差し出す葉書や手紙に、この消印を押してもらうこともできます。

今年は招待作品「野菜とくだもの」にちなんで、鹿児島の代表的な秋の野菜「サツマイモ」をデザインしました。例年どおり、前夷真由美さんのデザインです。

 

 

これらの記念品を組み合わせて、このような記念品を作成することができました。

 

フレーム切手

例年どおり、オリジナルデザインの「フレーム切手」(額面62円)を制作しました。

 

郵便局

例年どおり、鹿児島東郵便局が臨時出張所を開設し、最近の記念切手等を多数販売しました。また、特別デザインの小型印(下図)が使用されました。

小型印申請図.jpg

無料配布品

上の記念カードのほか、下のような情報誌など、種々の品々を無料配布しました。  

 

無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社発行のジュニア向け収集雑誌「stamp club」

 

日本切手のすべてをカラーで掲載した「さくら日本切手カタログ」の旧年版(数量限定)

つかみどり

例年同様に、記念切手主体の最近の日本切手の紙つき使用済を、無料で好きなだけつかみ取っていただきました。

切手鑑定会

10月1日(日)10時〜11時
(公財)日本郵趣協会九州沖縄地方本部長「伊藤純英氏」による鑑定会。他の時間帯でも、鑑定の難しくない切手については、支部会員が可能な限り対応。

切手収集相談

開催時間中逐次(受付にて)

出店

アオヤマスタンプさん(広島)、松本敏明さん(大分)、10円SHOPウチダさん(神奈川)

 


このHPは支部長の永吉が管理しています
メールいただく場合は、上記をクリックして開く入力画面で、アドレス先頭の1文字を削除してから送信してください。迷惑メール対策です

このページは完全リンクフリーです。また本ページに掲載されている文章・画像も、特に断りのあるものを除き、自由に利用・転載していただいてかまいません。