名 品・迷 品 C (14)

2012.02.24

乃木2銭の朱色L12

筆者のメインの収集分野ではありませんが、全日展'01に出品した作品「戦前日本切手のすべて」には、手彫とか字入り切手という高価なものとは別に、この部屋にふさわしい「名品」もかなり含まれていました。作品の構成上生じた空きスペースに入れた「乃木2銭専門分類」の中にも、そんな一品があります。今回はそれを紹介しましょう。


乃木2銭朱色単線12 岩手厨川(C欄3星)消し

乃木2銭
20年以上続いた田沢切手の時代を引き継ぎ、昭和切手の第1号として発行された普通切手が、この乃木2銭です。その後約8年間にわたって製造されたこの2銭切手は、第1次昭和切手、いや昭和切手全体を代表する切手であると言っても差し支えないでしょう。描かれた軍人に対する歴史的評価はさておき、切手収集の観点からは限りなく深い収集の醍醐味を与えてくれます。この乃木2銭だけをテーマにした専門コレクションも、しばしばJAPEXなどの切手展に登場します。

それは1袋100円(?)のパケットの中に
収集を始めて10年ほどたった昭和45年頃、戦後の日本切手は、一部の高価な小型シートを除いてほぼ集まっていました。しかし収集範囲を戦前にまで広げると、単片と言えども高価な切手がたくさんあります。ここでいろいろ考えて立てた方針が、「戦後の普通切手専門コレクション+記念切手カタログコレクション」をメインとし、これに添え物として、無理せず買える戦前切手を添えるというスタイルでした。その後、戦前切手の部分はかなり高価なものも加えたカタログコレクションへと進化しましたが、筆者の現在のコレクションの基本的スタイルは、このときに決まったと言ってよさそうです。

収集範囲を戦前へと広げるにあたってまずはパケットを、ということでいろいろと探しましたが、戦前切手だけのパケットというものは、普通には売られていませんでした。そんなある日、通信販売でつきあっていた某切手商の販売リストの中に、「戦前普通切手の未整理品××グラム△△円」という広告を見つけました。「古くからの在庫品、引っ越しのときごちゃ混ぜになったもの、まとめて買ってください、同じ切手が多数含まれますが1袋わずか△△円」というのが、キャッチフレーズでした。△△のところがいくらだったか、正確なところは覚えていませんが、100円か200円、高くても500円くらいだったでしょう。早速これを入手し、カタログ片手に物差しを当てながら、これは新大正毛紙、これは旧大正毛紙、などと、楽しみながら整理していきました。

そしてそのパケットの中に、この乃木2銭切手があったのです。乃木2銭に朱色のものがあることはカタログにも書いてありましたから、この切手もすぐに拾い出され、アルバム代わりのノートにヒンジ貼りされました。その後少したって発売された「カラー版日本切手アルバム」を買い、それまでに集めた使用済切手をこれに整理しましたが、その際この切手も「乃木2銭朱色」の枠にめでたく収まりました。

エッ目打が...でもまさか
その後この切手は、長い間この図入りアルバムに収まっていました。JPSの新日本切手カタログ(日専の前身)を毎年買うようになっても、戦前の部分はほとんど見なかったので、この切手をさらに詳しく調べようという気は起こりませんでした。 戦後の普通切手については、目打を測定したり、消印を吟味したり、カバー類にまで手を出したりと、どんどん深みにはまっていきました。しかし戦前切手の部分はカタログコレクションなので、たまに高価な切手を買うことはあっても、メインナンバーを確認するために印面寸法、毛紙、透かしなどを調べた程度で、この乃木2銭は特に詳しく調べることなく、月日は過ぎていきました。

そうこうするうちに、戦後の専門コレクションもだいぶ深まりました。熱心に集めた新昭和切手の塔30銭を、単片で分類できるものを全部揃えたのは、昭和55年頃だったかと思います。この塔30銭には単線12(L12)という特異な目打が存在しますが、この単線目打というのは抜けが悪いのが普通です。通信販売で単線切手を注文したら、無理矢理むしり取ったような切手が送られてきて、何だこれはとゲージをあてると何とか12と測れる、といった感じでした。

この塔30銭切手のバラエティの多さには、乃木2銭に通ずるものがあります。同じく単線12という目打もあります。ふと乃木2銭のことを思い出しました。単線目打は抜けが悪くて、単片の場合は測れる場所を探して測らなければなりません。この乃木2銭も、以前は上下辺の目打が全く測れそうもないので検査しなかったのですが、あの頃持っていなかったルーペをあてて再度この切手を見ると、左右の目打は何とか測れそうです。そこでゲージをあててルーペを覗くと....エッ?これは12では?何度ゲージを当て直しても、12としか測れません。特に左辺下方の5〜6個の目打穴の間隔は、12以外の何者でもありません。

これは大変なことになりました。朱色の単線12は、日専評価数万円の珍品です。しかし、何せ数百円のパケットから出てきた品です。そんな珍品が入っていたとは信じられません。多分大丈夫だろうとは思いつつ、しかし一抹の不安を持ったまま、専門分野でなかったので深く追求することなく、年月は過ぎていきました。

朱色と朱赤の違い
乃木2銭には、この朱色L12と紛らわしい、朱赤L12という切手が存在します。こちらの日専評価は、1桁下の数千円。昔は切手商でも間違えて、朱赤L12を朱色L12と称して売っていたこともあると聞きます。この切手は始めから朱色だと信じていましたが、改めて朱色か朱赤かと問われると、だんだんと自信がなくなってしまいます。確信を持って朱色と言うためには、やはりレファレンスとしての「保証つき」朱色・朱赤の切手を手元に置く必要があります。

というわけで10年ほど前に、普通切手専門の業者から、説明つきの未使用セット品を買いました。これらを並べたアルバムリーフに、この問題の切手を並べてみたわけです。全日展'01の出品作品「戦前日本切手のすべて」の中で、余技として行った「乃木2銭の分類」をご覧に入れましょう。最近のスキャナはそこそこ性能がよいようで、朱色朱赤の区別も、何とか再現できているようです。やはり朱色としてよいと思いますが、いかがでしょうか?

nogi.jpg

一度は陽の目を
せっかくの名品なのですが、自己紹介のページにも書いたように、専門的収集をしているのは現在でも戦後の範囲の切手だけです。この名品を生かすために専門収集範囲を昭和切手にまで広げるというのが、とるべき最も発展的な道でしょう。しかし今から新しい分野に手を広げるほど、筆者は若くありません。といってこのまま埋もれさせておくのも、忍びないというものです。

何とか陽の目を見させたいものだと思っていたところに、別ページでも紹介したように、全日展'01に戦前切手を出品することになりました。カタログコレクションなので本来このような特殊品が入る余地はないのですが、そこを無理して余白スペースを作り出し、この名品を入れ込むことにしました。しかしこの切手1枚だけでは格好がつかないというものです。上に書いた目打・色調分類セット品にこの名品を加えたものを「乃木2銭専門分類」と称して、昭和切手のページの一角を占拠させたというわけです。ゼネラルコレクションとしての作品の流れを乱すものという批判を受けるかも知れませんが、まあちょっとした遊び心ということで、見逃していただきました。


この部屋のトップへ  サイトのトップへ