ト ピ ッ ク ス (77)

2019.02.05

コイル切手の白紙リード紙

現在は廃止されていますが、戦後の長い期間、コイル切手を販売する自動販売機が存在しました。今回はそのコイル切手の終端部分「リード紙つき」を話題にします。これに関連して、戦後のコイル切手の製造方法全般についても話題にしましょう。筆者の手元にある印刷局朝陽会「切手と印刷」(1977年刊...文献1)には詳しい解説が載っているのですが、これは刊行当時の最新「50円コイル」を例として書かれていて、他の時代には通用しない点があります。その部分は、例によって三島良継著「日本切手の製造」(1964年刊...文献2)で補うことにします。まずは昭和30年代に発行されたコイル切手5種のうち、(型価の高い)航空コイルを除いた4種のリード紙つきを掲げておきます。


戦後のコイル切手
1959年(昭和34年)に発行された「10円壁画」より、自動販売機で販売するためのコイル切手が復活しました。当初はごく限られた局にしか販売機が設置されませんでしたが、昭和50年代になると多くの局に販売機が設置されるようになり、収集家でない一般人が使用する機会も増えました。その後平成時代になり、「額面印字式コイル切手」が登場した頃がコイル切手の全盛期で、都市部ではそこら中の郵便局に販売機が設置され、多くの人に利用されました。キロボックスから回収された使用済切手の中にも、多くのコイル切手が含まれていました。しかし機械の維持コストがかかることを理由に、郵政公社化以降は急速に撤去が進み、2007年の郵政民営化の前に全機が撤去されてしまいました。

戦後のコイル切手は、15円きくの一部(初期)と郵便番号1次が1巻き500枚であるのを除いて、1巻き1000枚です。昭和30年代のコイル切手の製造方法については、文献2に解説されています。印刷と目打穿孔には、通常の切手用の装置に少し手を加えたものが使われました。印刷に使う実用版は、通常なら100面シート2面を耳紙部分の余白をはさんで製版する円筒状実用版の余白部分にも印面を配置し、1周220枚の切手を製版しました。目打型は、通常シート用のものから縦目打部分の針を抜いたものが準備されました。

このような装置を使って、印刷→穿孔→10列に切断→仮巻取り、までを連続的に行った後、計数しながら巻き戻して径26ミリのプラスティック製の芯のまわりに巻きつけ、所定の枚数のところで切ってから包装して出来上がり、ということです(ただし文献1には、10列切断は次の巻き戻し時に行うと書かれています)。仮巻取りの時点では切手下方が内側になるように巻き取られるので、最終製品では切手上部が内側になるように巻かれることになります。最終製品で内側となる側には切手9枚分の白紙がついていて、その4枚目に丸穴が空けられ、販売機はこれを検知して「売り切れ表示」を出す機構になっていたそうです。穴の位置は単に4枚目と書かれていますが、切手の端から数えて4枚目という意味であれば、最終製品では内側から白紙5枚、穴あき白紙1枚、白紙3枚、切手1000枚の順に巻きつけられていることになります。

末端部分 (つなぎ目)
上記の解説によると、芯に近い側(販売終了側)に白紙がつながっていることになりますが、冒頭の紹介品では、逆に切手の下側にリード紙がついています。文献2には巻き終わり側(販売開始側)がどうなっているか、明確には書かれていませんが、今回紹介品は巻き終わり側にも白紙がついていることを示しています。1巻き買いした収集家が、最初にとりだした部分が、今回の品なのでしょう。

しかし芯に近い側であれ、巻き終わり側であれ、白紙のリード紙がついているのは、考えてみればかなり不思議な事実です。印刷機を回し始めるとき、ちょうど切手の一端から印刷が始まるというのは、ほとんど不可能です。普通に印刷機を回せば、たいていは最初の切手が途中から印刷されることになるでしょう。白紙に引き続いて完全な切手から印刷を始めるためには、白紙となるべき部分をマスキングして印刷を始める必要があります。印刷終了側も同様です。どのようなものを使ってどのようにマスキングしたのかといったあたりは、文献2に書かれていません...。

ということで筆者は長年不思議に思っていたのですが、実際に上記の現物を入手してみて謎が解けました。リード紙部分と切手部分とは本当につながっているのではなく、巧妙に貼りつけられているだけでした。冒頭の4種のうち、30円コイルの表裏を拡大すると、こんな風になっています。

切手と白紙とを、目打のところでほんの少しずらして貼りつけられていることが、おわかりいただけるでしょう。合わせ目が少し横にずれたため、目打穴が正円の形から崩れています。こんな貼りつけ方では強度が不安ですが、ちょっと引っ張ったくらいでは切れません(切れてしまったら元も子もないので無理はしていませんが)。

しかしやっぱり切れてしまうことはあるようで、上の10円切手のウラは下のように、あて紙がなされています。このあて紙には、右端に目打穴の凹みが見られます。この当時、切手シートの間にはさまれていたグラシン間紙のようです。このようなあて紙による補修は、製造工程中に1巻き1000枚の途中で切れてしまった箇所を補修する際にも行われていたとのことです。ただしうっかり継ぎ目を切ってしまった収集家が補修したものである可能性も、ないではありません。

 

黒塗りリード紙
昭和40年代になるとコイル切手のリード紙は白紙でなく、「黒塗り」となります。「マジック消し」と呼ばれますが、本当にマジックインキで線を引いたのか、疑問に思うこともあります。それはともかく、下の写真のように、穴位置の切手が黒塗りの最後の切手となっています。(確認が取れていませんが)冒頭に掲げた4種のほか、30円「塔航空」と15円「きく」の初期500枚巻きの分までが白紙、15円「きく」の後期1000枚巻きの分、15円「郵便番号」以降が黒塗りとなっているそうです。内藤陽介著「解説・戦後記念切手4巻」には、1968年7月の「郵便番号コイル」(1巻き500枚)の巻き始め16枚と巻き終わり6枚が黒塗りになっているという記載があります。ただし文献1には、巻き始め16枚、巻き終わり17枚が黒塗りと書かれています。黒塗りの枚数は、時代によって少しずつ異なるのかも知れません。

リード紙がこのタイプであれば、上記の「白紙リード紙の謎」は生じません。仮巻き取りされた切手を巻き戻す際、最初に所定の枚数分に黒塗りと丸穴を施し、次の販売用切手1000枚分はスルー、そのあとはまた所定の枚数分だけ黒塗りしてカット、梱包、出来上がりとなります。

昭和50年代以降の黒塗りリード紙は、収集界にあふれていて、ネットオークションでは数百円で売られています。収集家が巻買いしたもののほか、顔なじみの郵便局員に廃棄する芯を分けてもらったものも多いようです。

巻き芯
上の写真は、(たぶん1巻買いした)知人から譲っていただいた芯つきの終端部分(巻き始め部分)から切り取ったものです。残りの部分は下の写真のようになっています。丸穴の切手を含めて全部で16枚の切手が黒塗りとなっていて、最後の切手の上端が、金属製のリングに貼りつけられています。文献2にはプラスティック製で径26ミリの芯と書かれていますが、この「めじろ」では径20ミリほどで、材質は金属(アルミ?)に見えます。リード紙が黒塗りとなったときに、穴位置も含めていろいろな変更があったようです。

今ネットオークション上であふれている黒リード紙は、16連の一番下が丸穴となっているものがほとんどです。上にもちょっと書いたように、売り切れとなった販売機から出てきた廃品をいただいて来たためということでしょう。上の写真のような完全切手つきは、巻買いしたもの由来の品ということになります。

もとに戻って
冒頭の紹介品に戻りましょう。下側に白耳のついているコイル切手は、(文献2の記述が正しければ)巻き終わり側、すなわち販売開始側のリード紙です。販売終了側とは違って、開始側にリード紙は必須とまで言えませんが、今回の紹介品は、この当時のコイル切手の開始側にもリード紙があることを示しています。まあリード紙がついていた方が、販売機にセットするときは好都合でしょう。

ネットオークション上には、時たまコイル切手の完封ものが出品されます。こういうのを1点くらい入手しておこうという気が起こらないでもありませんが、中を覗くと完封でなくなってしまいます。アルバムに貼れる代物でもなく、ただ持っているだけということになってしまいます。お安いものではありませんし...1000枚ともなると額面の最も低い5円オシドリでも5000円になりますから。