ト ピ ッ ク ス (73)

2018.07.11

昭和40年代の沖縄あて別配達航空便2点

戦後米国の統治下におかれた沖縄では、郵便制度も独自の「琉球切手」のもとで営まれました。「日本本土」から沖縄に宛てられた郵便物は国際郵便物として扱われ、航空郵便料金は「特別地帯あて」として、近隣諸国あての第1地帯あて料金より低い料金が設定されました.。例えば1966年7月改訂の書状基本料金は、第1地帯あて60円に対して、その半額の30円という額でした。

しかし船便料金や特殊扱い料金については、独自の料金表が示されたものの、そこに書かれている額はほとんどが国内便と同額でした。制度の上で国内郵便と国際郵便は別物なので、郵便の種別に異なる点もありましたが、そういう部分については対応する国内郵便種別に読み替えた上で、国内同額が適用されました。 その中の「別配達」という制度は、まあ国内郵便の「速達:」と同じで、実際1986年1月1日以降は速達という名称になりました(その後2017年12月に、国際郵便の速達制度自体が廃止されています)。日本語で「別配達」と「速達」という用語を並べると、内容に違いがあるような感じもしますが、事実上同義語だったようで、別配達ラベルに書かれた欧文表記はもともとExpres(仏語)でした。

というわけで別配達料金は国内郵便の速達料金と同額でしたが、国内郵便とは違って別配達扱いと航空便制度とは独立の扱いであったので、別配達料金を支払えば自動的に航空便扱いされるわけではありませんでした。別配達にするほど急ぐ郵便であれば当然航空便で送るでしょうが、一応は「別配達の船便」というものもあったはずです。

他記事でも語っているように、復帰前の沖縄あてカバーは、コレクションに変化をつける際に便利なマテリアルです。船便では消印以外に国内便との違いが見えませんが、航空便では国内便と料金が異なり、使用される切手も異なっていて、魅力的な使用例が存在します。今回はそういう中から、2点セットで紹介することにします。


別配達料金50円時期(航空便書状料金との合算額80円)
TOKYO 1970.5.8

紹介品の1点目は、1966年7月改訂料金の別配達便です。航空便書状料金30円に別配達料50円(=国内速達料金)が加算されて80円料金となり、80円ヤマドリが1枚貼りで使用されています。普通の国際郵便用エアメール封筒が使われ、別配達の赤いラベルが魅力的です。この切手が主役として使われることの少なかった時期なので、80円切手の使用例としてはなかなか有用なカバーだと思います。封筒の右端に大きな油染みがあるのが残念ですが、それを補って余りある魅力を感じます。


別配達料金70円時期(航空便書状料金との合算額100円)
HIGASHIMURAYAMA 1972.1.13

2点目は、国内速達料金が70円に改定されたのちの使用例です。航空書状料金との合算額がちょうど100円となり、「100円新鶴」が1枚貼りで使用されています。この料金改訂は、郵便法改正を必要とする第1種・2種料金の改訂に先行して実施されたため、普通の国内郵便でも「旧基本料金+新速達料金」という暫定料金が発生しましたが、沖縄あても同じです。ただし復帰を目前に控えて、基本料金は国内第1種・2種料金が改訂された後も復帰前日まで維持されたため、暫定料金期間は国内便より4ヶ月長くなりました。

このカバーでは国内便用の縦型封筒が使われています。また開封時に半分切り取られてしまっていますが、国際郵便用の別配達ラベルのかわりに国内用の速達表示のゴム印が押されています。他の国内あて速達便と一緒に、差出人が押したのかも知れませんが、そのまま「別配達便」として送られたことになります。本来は別配達のラベルを貼るべきところですが、速達表示のまま送られた例も多かったようです。ただし航空便扱いについては、きちんと航空便のゴム印を押した上で、必要な料金分の切手が貼られています。

貼られている「100円新鶴」はさまざまな用途で広く使われた切手ですが、1枚貼りで使われた例は多くありません。復帰直前の沖縄の姿を語る貴重な使用例として、筆者のアルバムを飾ってくれることになりました。