自 称 名 品 B (47)

2018.06.10

富士箱根14円2枚貼り速達便

普通切手代わりに大量に発行された「富士箱根国立公園」の高額切手.....外信船便書状(24円)、葉書(14円)への1枚貼りは珍しくありません。しかしこんなものはいかがでしょうか。


速達書状(料金28円)
芝北寺 S24(1949).10.11

富士箱根国立公園切手
第2次大戦をはさんで長期にわたって発行された国立公園シリーズのなかで、戦後2番目に発行されたのが1949年の「富士箱根」です。戦前の1936年にも「富士箱根」が発行されていますが、これは単発の発行で、1949年発行分がシリーズ第8集の国立公園切手というのが、郵政省の取り扱いでした。1949年6月1日の料金改訂後初の国立公園切手であったこと、題材が日本のシンボルとも言える富士山であったことから、外信料金用高額切手(14円、24円)は特別に大量に発行され、その後長期にわたって普通切手代わりに使用されました。この料金は10年近く続いたこともあって、これら高額切手を貼った船便扱いの国際郵便物(14円:葉書、24円:書状)は郵趣界に大量に残されていて、駄物扱いされるのが常です。普通切手貼り(14円:姫路城、24円:鳳凰堂)が珍重されるのとは大違いです。

国内便への有効利用例
となると、船便1枚貼り以外の気の利いた使用例、特に国内便への使用例が欲しくなります。国内郵便料金は1951年11月に改訂されていますが、紹介品はそれ以前の書状8円時期に差し立てられた28円料金の速達書状(書状8円+速達料20円)で、14円切手を2枚貼りしてあります。

この料金の速達書状は、料金内訳どおりに20円+8円と分けて貼った混貼が大半で、それはそれで有意義な使用例でありますが、本品のような混じり気のない同種切手2枚貼りも気持ちよいものです。紹介品は個人間通信で、「芝北寺24.10.11」の消印が鮮明に押されています。この局は1972年10月1日に「芝三田四郵便局」に改称され、現在に至っていますが、封筒の裏側に書かれている差出人住所には「芝三田四ノ十二」とあります。地元の住人が、最寄りの窓口に持ち込んで、速達便として差し立てるよう依頼したものと思われます。受け付けた局員は、持てあましていた14円記念切手の在庫を減らす機会ということで、14円切手を使うことにしたのでしょう。1枚目は横向きに貼れましたが2枚目はそうはいかず、縦向きに貼ってあります。宛名の横に添えられている「石地局区内」のペン書きも、局員が書いたものと考えられます。

石地局の到着印は、封筒裏面に押されています。東京・新潟間の速達便なのに2日かかっていますが、当時の交通事情を考えればそんなところでしょう。引受印、到着印とも鮮明に押されているのは気持ちよいものです。普通切手代わりに大量発行されたこの切手の場合、昭和20年代後半から30年代の使用例が多い中で、切手発行年の昭和24年内に使用されたものである点も嬉しくなります。本当の名品というほどのものではありませんが、コレクションに加えておく価値は充分ある品といってよいでしょう。 

富士箱根14円2枚貼り速達便-2.jpg

他の使用例
書状料金8円時期には端数料金が発生しがちで、14円や24円切手の出番もいろいろ考えられます。3倍重量書状や4倍重量4種便への24円1枚貼り、書留書状への24円+14円貼り、などがその例です。書状10円時期になると、メジャーな用途で発生する端数料金は5種便の8円にからんだもののみになります。3倍重量5種便への24円1枚貼りなどが考えられます。

これらの中からもいくつか所持しておきたいものですが、筆者は24円+14円貼りの書留便を所持しているだけです。印刷物等の重量便(書状8円時期は第4種、10円時期は第5種便)は重量刻みが100gごとなので、3倍重量とか4倍重量ともなるとほとんどの場合大型封筒が使われ、コレクションに適したマテリアルに出会うことがほとんどありません。それでも普通切手貼りに比べれば入手しやすいはず。何とか重量便からも1点をと狙っているところです。

他の記事でも書いたと思いますが、国際郵便では48円、72円という料金があり、24円切手を2枚貼り、3枚貼りで使う機会があります。48円の書留料金を24円2枚貼りとした加貼便は、その中で最も入手しやすいものですが、筆者の手元にあるのは航空便に立山航空や大仏航空と混貼したものだけです。船便書状を書留扱いにした24円切手のみの3枚貼りといった、スッキリしたカバーも欲しいものです。